スタッフのらくがき帳

タイムトラベル

ボクは月水金の3日間は、トレーニング日に決めている。

 

約2時間程度のウォーキングと1時間程度の筋トレを実施する。

 

いくら仕事で遅くなっても、ほぼ休んだことがない。

たとえ終了が夜中になろうが、熱でも出してない限り7年間継続してきた。

 

通常は万博公園の外周路をウォーキングするのだが、

この前の水曜日はコースを変更してみた。

 

自分が通っていた高校⇒小学校⇒中学校の順番で回ろうと思ったのだ。

 

まず高校へ向う。

 

JRの駅を南へ出て斜め左折れの道を進むと、阪急の踏切へ出る。

 

踏切を渡って悩んだ。

 

………まっすぐやったっけ、右やったかな?………

 

たぶん右だと思いながら進んだのだが、街の風景が完全に変わっている。

 

次はどこかで左に曲がらないといけないのだが、

風景が変わってしまっているので、どこで曲ればいいのかわからない。

 

高校の横には川が流れていて、正門へ行くには小さな橋を渡る。

 

その橋へ辿り着くまで、かなり道に迷ってしまった。

 

小さな橋が見えてきた時、いろんな思い出が堰を切ったように溢れ出した。

 

………文化祭の時、ドラムやアンプをリヤカーで運んだなあ………

 

………Tちゃんに『さようなら』を言われたのもここやったなあ………

 

文化祭で最高にかっこいい演奏を見せようと思っていたのに、

その直前にTちゃんから三行半をつきつけられたのだ。

 

でも文化祭が終わってしばらくしてから、

別のクラスのIちゃんと初めて喋ったのもこの橋だった。

 

今まで1回も喋ったことのないIちゃんからいきなり声をかけられて、

バンドの演奏を褒められた記憶が蘇った。

 

橋を渡って正門の前でしばし佇む。

 

正門からは2年生の時の教室が良く見えた。

 

そこから見る風景は、あの頃とまったく同じだった。

 

次に裏門へと回る。

 

………確かここを入ってすぐに、食堂があった………

 

記憶通りに食堂はあった。

入口横には、当時と同じように飲料の自販機がいくつか並んでいる。

 

………放課後、ここでTちゃんと待ち合わせたな………

 

レモンを少しかじったような清涼感が、全身を包む。

 

その苦酸っぱさを身にまとったまま、高校を後にした。

 

小学校へは迷わず行けた。

 

まずプールが目についた。このプールには強烈な思い出がある。

 

6年生の時、心行くまでプールで泳ぎ倒したいと考えたボクたち悪ガキ軍団は、

ひとつの悪だくみをした。

 

誰もいない早朝なら、好き勝手し放題ができると考えたのだ。

 

夏休みの早朝5時にボクの家の前で待ち合わせた6名は、

意気揚々と学校のプールに乗り込んだ。

 

なんせ6人で貸切だ、何をしてもいい。

 

プールサイドですっ裸になったボクたちは、

フルチンのままプールに飛び込んだ。

 

しばらくは狂ったようにはしゃぎ倒していたのだが、

すぐにおなじみの怒声が聞こえた。

 

フェンスの下から、用務員のおっさんの怒りに満ちた顔がのぞいている。

 

びっくりしたボクたちは、反対側のフェンスを越えて隣の神社の境内に逃げる。

 

このおっさんをボクたちはかなり恐れていた。

 

悪さしているところを見つけると、グーで思い切り頭をなぐるのだ。

 

境内へ逃れたボクたちは服と靴を両手に抱えたまま、

フルチンで裏道をボクの家まで逃走したのだった!

 

懐かしくなって神社にも回ってみる。

 

神社裏にあった駄菓子とたこ焼きの『ふくちゃん』は

お好み焼き屋さんに商売替えしていた。

 

当時は店の前に子供用のパチンコ台が一台あって、

1ゲーム10円で真ん中のチューリップに入賞するとサイレンが鳴った。

 

店のおばちゃんがサイレンが回っているのを確認した上で、

たこ焼きを3個無料でくれたのだ。

 

ボクたち悪ガキは、このシステムを最大限に利用した。

 

N君とF君の二人が、空き地に捨ててあったテレビから、

強力磁石を調達してきたのだ。

 

『どうもおかしい』とおばちゃんが気づいて証拠をつかむまで、

ボクたち6人は相当量のたこ焼きをタダ食いした。

 

最終的には学校に通報され、

当時用務員のおっさんよりボクたちがさらに恐れていたK先生から、

全員フルスイングで往復ビンタの刑に処せられた。

 

今の価値観なら、間違いなく体罰である。

 

でも当時は口の中が切れる程度のビンタは

日常茶飯事だったし親も文句など言わなかった。

 

……小学校がK先生と用務員のおっさん。

中学がS先生Y先生、高校がF先生とW先生。

なんかドつかれてばっかりやったなあ……

 

変な思い出ばっかりが蘇ってきた。

 

優しかった先生より、怖かった先生ばっかり思い出す。

 

高一の担任だったW先生なんか、常に全力の『鉄拳制裁』だった。

停学処分を食らう時など、その『全力』が5,6発飛んできた。

 

でもなぜか懐かしく思い出す。

 

そんな事を考えながら中学校へと回った。

 

ここは、高校や小学校よりさらに風景が著しく変化していた。

 

と言うより、地形自体が当時とは違う。

 

学校の裏手にあった山や竹林は、マンション群に変貌していた。

 

あまりの変わりように驚いたボクは、

立ち止まることはせず、そのまま中学校を後にした。

 

ちょっと期待した自分を後悔した。

 

思い出がそのままの姿で留まっていることなどあり得ないのに……。

 

……アホくさ、筋トレしながら玲奈ちゃんのDVDでも見よっ!……

 

そう考えるボクであった。

2014年11月21日 | カテゴリー:スタッフのらくがき帳

« 小学生のようなケンカ         香田です!    息子とカラオケ     香田です! »

コメント