スタッフのらくがき帳

息子とカラオケ     香田です!

最近、息子とよくカラオケボックスに行く。

 

この間の火曜日など明け方の4時まで二人で熱唱した。

 

長男はカラオケが嫌いなので、次男と通っている。

 

ウチの息子はダムの精密採点で95点出すくらいだから、

はっきり言ってメチャメチャ上手い。

 

ボクは必死のパッチで89~90がせいぜいだから、

本来なら父親としては面白くないところかもしれない。

 

息子は高得点を叩き出すことが目的なので、

毎回真剣に唄うし邪魔をすると怒る。

 

父親としてはますます面白くない。

 

いつも『8時間耐久』でほとんど会話もなく唄い続けるので、

まるで修行のようなカラオケ大会となる。

 

息子はミスチルやコブクロ、ゆず等、『聴かせる』唄が好きだ。

 

ボクも大好きなのだが、点数でかなわないので唄わないことにしている。

 

だからボクは、主にSKEやAKBの曲にして、

MIX(例のタイガー、ファイヤー…の掛け声)やメンバーコールの

練習をすることにしている。

 

ついでにサイリュウムも持参して振っているので、

早い話、応援の練習をしているのだ。

 

『おとうさん…。前から思うててんけど、そんなことして楽しいんか?』

 

『何言うてんねん。楽しいからやっとんねや。』

 

『……そうか。楽しいんやったらええけどな。』

 

『なんやったら今度NMBの劇場行くか?めっちゃ楽しいぞ!』

 

『………いや、オレはええわ。』

 

どうも息子は本当に疑問を持っていたようだ。

 

先週おもしろいことがあった。

 

そのターンで息子は中島みゆきの『龍の背に乗って』で87点だった。

鳥肌モノのうまさだったが、思ったほど点数は伸びなかった。

 

ボクはてんとうむChu(AKBグループの次世代ユニット)

『君だけにChu Chu Chu』をコールを入れて唄ったのだが、

なんと84点も出てしまった。

 

これには息子が怒った。

 

『なんでそんなふざけた唄が84点でオレが87点やねん!』

 

息子の『流星』が92点で、

ボクの『上からマリコ』が89点の時も怒った。

 

これだからカラオケはおもしろい。

 

ただ、SKEの曲を歌う時だけは、なかなか80点以上は出ない。

 

玲奈が画面に出ると、興奮して音程をはずしまくるからだ。

2014年11月25日 | カテゴリー:スタッフのらくがき帳

« タイムトラベル    NHK紅白歌合戦      香田です! »

コメント