建築・不動産用語集

 入り隅(いりすみ)

入り隅とは、出隅と逆で、壁と壁、壁と柱などが角度をもって交わった際にできる建物の窪んだ隅の部分のこと。一般に1階のプランに入り隅が3カ所以内であれば、その建物は「平面的に整形」と判断される。対して4カ所以上の場合は「平面的に不整形」と判断され、耐震評価も低くなる。


 一覧に戻る