建築・不動産用語集

 内倒し窓(うちだおしまど)

内倒し窓とは、横軸回転方式の窓の1つ。窓の下部を窓枠と丁番などで連結して軸とし、窓の上部を内側(室内側)に倒して開けるもの。トイレや浴室などの採光・換気用として用いられるケースが多い。ちなみに外側(室外側)へ倒して開けるものを「外倒し窓」や「押出し窓」と呼んでいる。建具や窓サッシの素材としては、アルミやスチール、樹脂、木などが主に用いられている。


 一覧に戻る