建築・不動産用語集

 ねじれ振動(ねじれしんどう)

ねじれ振動とは、建築物が地震動を受けた際に、耐力壁(RC造などでは耐震壁)の量が少ない側が大きく振られることを「ねじれ振動」という。ねじれ振動が大きい場合には、柱や梁などが剪断されたり、ある階がすべて潰れてしまう層崩壊につながる危険性が高いといわれている。


 一覧に戻る