建築・不動産用語集

 マグニチュード(まぐにちゅーど)

マグニチュードとは、地震の規模を表す単位。地震の強弱は「震度」で表されるが、地震動は震源地から遠くなるほど弱くなっていく。そこで、地震そのものの規模を表す単位として用いられているのが、マグニチュード(Mと表記)である。


 一覧に戻る