建築・不動産用語集

 切妻屋根(きりづまやね)

切妻屋根とは、屋根形式の1つで、大棟(屋根の頂部の水平方向の棟のこと)から両側に流れを持つ屋根のこと。2つの傾斜面で構成される山形の屋根である。古くは寄棟屋根よりも格式が上とされ、神社本殿などではこの切妻屋根がもっぱら採用された。地方によっては、「切屋根」「真屋(まや)」などとも呼ばれている。


 一覧に戻る