建築・不動産用語集

 書院(しょいん)

書院とは、一般の住宅では、床の間の脇にある棚と障子で構成されたコーナーを指すことが多い。原形は、安土桃山時代に武家や貴族などの客殿形式として完成し、後に住宅形式となった「書院造り」にある。文章を書いたり書物を読んだりする空間が形式的に残ったもの。


 一覧に戻る